FC2ブログ

専業主婦の日常 ときどき プチ情報

  はじめまして!20代後半、新米専業主婦です。日常から知り得た情報・・・主に 旅・食・美 についてちょこちょこ書いています♪

    

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>  || HOME

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑  || HOME

>> EDIT

イタリア-カプリ島(青の洞窟)



ハネムーン3日目


96日(火) ローマ ナポリ ともに晴れ



この日がもっとも過酷な一日でした


念のため お食事中 には読まないでください


※ 最後に、私の体験から注意点を書いてますので
 良かったら参考にしてみてくださいね



では日記スタート



朝7時出発


バスで ローマ から ナポリ へ向います。

3 時間後 到着。



ナポリの海の玄関 モーロ・べヴェレッロ から

高速船で カプリ島

1 時間後 到着・・・



したのも つかの間  

更に 40人乗りくらいの 中型船 に乗り換え

 
海から 青の洞窟 前まで行きます

30分後 到着。



といっても海上です 

青の洞窟1

マリア像の下に洞窟の入り口があります。



一緒に乗ってる皆さん わいわい楽しそうに話したり、
写真を撮ったりしてました



この後 あんなことになるとは 誰も思ってなかったでしょう・・・





この日、天気は良かったものの波が高く、

午前中 青の洞窟 は閉まっていたそうですが、

私たちが着いたときには 開いた という知らせが


やったーーーー

とはいえ、本当に入れるの??ってくらい波あるよ。。。



案の定 洞窟へ入る小船は、なかなか中に入れず

テンポ良く お客さんがまわってない



エンジンを切って、私たちの船の番がくるまで ずーっと待ちます。



波でめちゃくちゃ 揺れる 揺れる



時々、転覆するんじゃないってくらい揺れて 海水が入ってきました。




この ひたすら揺れる船 から 変わらぬ景色 を見ながら待つこと




1時間





この間することないので ものすごく長く感じました。


でも私たちは、元気だったからまだ良かったけど



9割の人は激しく 船酔い してて、皆さんずっと 海に嘔吐。。。

かわいそうでした



ベテラン添乗員さん(今年だけでも8回目)は

こんなに揺れたのは初めてって言ってました

(これだけ揺れるなら洞窟閉まってて、すぐ島へ戻るから)



私は酔い止め飲んで来てたし、
旦那はなぜかどんな時でも常に元気なので平気でした



いよいよ私たちの船に5人乗りの小船が何艘も迎えに来てくれたー


んですが、酔ってる人 の気分転換のため 優先的 に乗せていこうということになり


私たちは・・・というか元気だった組が、私たちともう1組の新婚さんくらいだったので


この4人は最後に乗ることに。


この間に閉まっちゃうんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、



キターーーーーッ



待ちきれず、戻ってきた人たち(仲良くなった同世代の新婚サン)に

どうでしたって聞いたら

気持ち悪くてあんまり見れなかったげっそりと言った矢先船端へ走り 嘔吐。。。

話しかけちゃってごめんなさい



さて 無事に小船に乗れ、テンションあがった 私たち4人は


更に揺れるにもかかわらず、写真を撮ったり新婚トークで盛り上がり

洞窟入り口の真ん前で波がおさまるまで 再び 待機

青の洞窟2


この穴に入っていくんですよ

危険なので、皆仰向けに寝て 手も出してはいけません


船頭さんはタイミングを見計らって

すばやくオールを船の中に入れ


仰け反りながら チェーンを 手繰り寄せて 中へ



中は数十メートルの 広大な空間 が広がり

海が真っ青に光っててめちゃくちゃキレイ 神秘的

青の洞窟3



あんだけ待ったかいがあったよー


船頭さん歌いだしたよーー


1周して 出る時も 波待ちで 待機 したので じっくり見れました



小船から中型船 へ戻り カプリ島 に戻りました。


昼食後、ナポリへ戻り 街を見ながらホテルへ帰りました



これから青の洞窟へ行かれる方へ

酔い止め は飲んでおき、更に予備も持って行ったほうがいいかと思います。

・小船で、濡れたり汚れたりする可能性大なので、汚れてもいいような服装 がいいです。
 パンプスでは船から船へ乗り移る際、すべって落ちるかも

・中型船には屋根が少ししかなく、暑かったので帽子があったほうがいいですが、
 風があるので、飛んでいかないよう注意が必要です

・あと小船に乗り移る際、手に何も持てないので、
 (小さいタオルくらいなら持てるかも。私はお尻に敷くのに持って行きました)
 デジカメはストラップをつけ、

 貴重品を中型船に残しておくのが不安な方は
 肩に掛けれて小さく濡れても大丈夫なカバンか、
 首からさげるものに入れ、服の中に入れるなどするといいと思います。



                                 続く

日本旅行さんのプランで行ってきました




※投票ランキングに参加してます 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 主婦日記ブログへ 
スポンサーサイト

| ハネムーン(伊・仏) | 17:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑  || HOME

COMMENT

No title

素敵な新婚旅行ですね。
うらやましい!
でも、私はすぐ酔ってしまうので耐えられるとは思えないのですが、
一度は行ってみたいところです♪

| すもも | 2011/10/19 21:41 | URL |

コメントありがとうございます!

すもも様

ありがとうございます☆
他国の方々で、カプリ島内をバスで移動して、
陸から待ってる人たちもたくさんいましたよ!

日本からのツアーではどこのでも恐らく 船 だと思いますので、
個人で行かれるのもいいかもしれませんね♪

とても素敵だったのでぜひお勧めします!

| エミニン♪ | 2011/10/20 13:10 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://eminins2information.blog.fc2.com/tb.php/12-8f1b619d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >> HOME






* Google検索 *



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。